« 俳句と川柳!!!! | トップページ | 帰りのカフェオレ☆ »

2005年12月 8日 (木)

色々な日常

時々、ここの記事にも登場してきた認知症らしき女性に気に入られている話を書いた。

先日、信号待ちをしていたところ「あなたは告げ口したでしょ?」と妄想で言いがかりをつけられた。

「私は言って居ないのよん♪」と一応相手にはしたが、相手は言ったと思っている。そんな時は怒らずにニコニコしているのが一番である。私は信号が変わり、手を振って別れを告げた。

相手は思い込みが激しい状態である為、変に恨まれる可能性も有るが、その時はその時である。出目で勝負して行きたいと思っている。

この時に感じたのだが、自分の言った事を正当化するのは

  • 同じ事でも、自分に対する評価と他人に対する評価を変える。(ex.自分:責任感がある・相手:無責任に物を言う)
  • 他人の言い訳は聞かない。自分の主張だけをする。

そうすれば、言い負けることは無いのではないかと仮定した。

本日は昼間は豚足ラーメンを食べた。こんな事を別のサイトで言えば「共喰いすんな!!!!ドブスっ!!!」と突っ込まれるのではないかと、ふと頭をよぎった。

デブとかドブスは他人には一般的には言わない言葉である。しかし。。。例えば私に美容整形の手術代を提供してくれるのであれば、もちろん話は別である。最後まで良くする為の責任を持てないのであれば、他人を罵倒してはいけない。

こう書いている私であるが、確実に今の書いた言葉は、想像の産物と過去の産物をミックスさせて書いているように思われる。

私は私で充分に落ち度がある。

明日は私は通常であれば賞与の日である。税込50万円を予想している。私が頑張ったなどは一切関係ない。全て会社の業績で決められる。頑張った代が含まれないと気付いた以上は、どうしても自分のモチベーションを高く持つことは難しくなってきている。逆に年々仕事量や難易度は増えたり大きくなってきている為、給与や賞与をまともに考えながら仕事をした場合はアホらしくなってくるのが本音である。

以前は賞与が楽しみであった為、こっそりボスのPCを調べて覗いたものである。しかし、人間はいざ渡す時になると勿体無くなる性質が有るのか、必ず微妙に少なくしてくる。

賞与の判定は基準期間内の経常利益より算出しているように思われる。昨年より増えた固定費が私の賞与の原資を減少させる。

それにてしもいつもギリギリにならないと金額を案内してこないのは経営者の悪いところである。例えば明日案内された場合は時間帯によっては、振込し入金確認が取れるのは月曜日となってしまう。どうせあげると決めたのであれば、勿体ぶられるのはいつもの事であるが、ありがたいと思われたほうが得策なのになと思う。

とにかく金額が例えいくらであったとしても、目を輝かせ「ありがとうございました~~~!!!なるべく大切に使いま~す!!!」と、言う練習を頭の中でしておこうと思っている。

では、仕事をするのだ!

にほんブログ村 OL日記ブログへ

« 俳句と川柳!!!! | トップページ | 帰りのカフェオレ☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳句と川柳!!!! | トップページ | 帰りのカフェオレ☆ »