« 8/20の晩御飯!!! | トップページ | 最高!!! »

2006年8月21日 (月)

女の敵は女?

昨日は足を引っ張り合う女というタイトルで投稿をした!

     

別に私は多少の足の引っ張り合いは仕方ないと思っているし、多少の嫌な気分を味わって成長していくものだと思っているから、多少であればそれは仕方が無いと思っている。

       

今は小さな会社で仕事をしているけれど、同僚に女性は居なくって・・・

だから精神的に楽ちんな事も有れば、いつか会社が大きくなって私にも同じ部署で同僚の女性が入ってきたら、とても楽しいなと将来のことを少しだけ漠然と考えたりする。

      

私は残念な事に、裕福な家に生まれる事は出来なかった!

    

だから人生でトラブルが有っても金銭的なことで身内を頼るなんて出来なかった。

     

だから一人で居るのが本当に大好きで、更に家の中で引きこもっているほうが好きな私だけれど、親のお金で生活をするなんて、とてもではないけれど、そんな選択肢は私には無かった。

     

いつも殆どの時間を働いていた。

      

男女雇用均等法が出来たけれど、私はやっぱり脳内は男っぽかったり、古風な女っぽかったりして、自分の仕事を期待以上に仕上げたい自分と、腰掛の気分の自分がどちらも居たりする。

     

男性同士って、足の引っ張り合いって有ると思うけれど、で、本当に男性同士の世界のドロドロは私は知らないけれど、出世しなきゃ家族を食べさせていけないからと言う必死さを感じたりする。

だからドロドロの裏には、家族への愛情と言う大義名分が有ると想像するから、私はなんだかそれは許せたりする。

      

職場での女性同士と言うものは、すこし微妙な関係が有ったりする気がする。

    

例えば、、、年数だけで出世する女性と言うものも中には居ると思う。

と言うのは、私は過去の世の中の話をするのかも知れないけれど、美人か性格が良いか喋りが面白い女性を男性は放っておかない。

そして、今は結婚程度では会社を辞めない女性も多くなったけれど、男性に比較して結婚・出産で退職する女性は多い。

        

で、残った女性が働き続けなくてはいけなくて、だけど生き残っていく為に自分が扱いにくい若い女性社員に下らない説教ばかりする女の先輩とか女性の上司が誕生するのである。

     

歳を重ねていく事にその年齢の女性は(その会社では)減っていき、減った中から出世とか社員のランクアップとかしていく為、ライバルが少ない分、残った女性は有利である。

    

私も若いときには、女の上司に目を付けられて、しかも残念な事に敵は人事だったから、本当に逢うと他の局から入った一方的な悪口を根拠に注意されるもんだから、本当にウザッタイ以外の何物でもなかった!

      

だけど。。。

逆に局に成ると若い女性社員には【ババァ】だとか陰口を叩かれるし、更に尊敬もされなかったりする。

        

だからどっちもどっちなのかも知れない!

    

こうして仕事をしていると、ピンチになった時に日本人男性の優しさに触れたりすることもある。

    

女性同士だとどうしてもピンチの時に的確な助言や指示がナカナカ出てこないし、だからというワケではないけれど、ピンチの時に指揮監督命令までの権限が有るはずなのに、他の男性社員に意見を聞いて自分では判断を速球に出せなかったりする。

       

世の中は広いから、きっと職場で優秀で性別の壁を越えた女性はゴマンと居るかもしれない。私が見た世の中が狭すぎるのかもしれない。

      

で、結局こうして書いてみたら、気付いたのは今の時代、やっぱり仕事をする女性は本当に多くって、可能であれば働くと成ったら、年をとっても楽しいほうが良いわけです!

     

年齢とか説教とか仕事以外の事で嫌な気持ちには成りたくないのである。

     

だから、、、年上をババアと言ったり、年下を小娘扱いして、それ以前に相手は一つの人格を持った人間だと言う事を忘れないで一日に過ごす時間の一番多い職場を過ごそう!

と、いうのが私の個人的な見解です!

       

注意したり陰口を叩くのは、井戸端会議チックではなく、社会人として業務の一環の延長程度に留めてくださいなっ!

« 8/20の晩御飯!!! | トップページ | 最高!!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ステっ子☆さま

 こんばんは♪

 オイラも東京で仕事をしていた時代が
有ります。毎日、神奈川県の鷺沼から渋谷
六本木と通勤しました。

 ま~~、人の多い事。。んで、オイラは
いつも思っていた。何で、隣の人と話しを
しないんだろう?って。

 観察すると、廻りを見ていない。自分の
廻りにバリアを張り巡らしている。ふ~ん
不思議な人達と思う。
( オイラもその一人だったカモ )

 で、乗っている電車の箱の人間を一人一人
みる習慣がつくと何となく人を覚えてくる。
あのバカタレは、今日も女のケツを追いかけて
いるのか、ったく。。
( あら、お下品な言葉遣い・・失礼 )
とか、あのお嬢さんどうやら「恋が成就」
したようだな。。とか。。
( ヒマだったのネ )、( ふぁい。。 )

 天下りの中に第一勧業銀行のヤツがいた。
そいつを訪ねて・・
( 芸能界を知りませんノデ )はっきりは
覚えてませんが、小椋 ナントカが来た。
有名な歌うたいらしい。

「今日も希望と言う戦闘機をナントカ」のサインをクレタが、イランので食堂のおばちゃんに
あげた。オイラに良くしてくれたから。
( 大盛りのメシ♪ )

そいつ等の話しでは、「女性の職場」は管理
が大変で女性何名かに一人の男性職員が
必要だとか。。。

 今日まで、ステっ子☆さんの記事を読みまして「思い出した事」です。タメぐち で
ごめんなさい。ね。

 長くなりました。 合掌

おはよう御座います!!!

オグラさんの色紙だったら・・・大盛り以上の宝ですよ======!!!

本当に大銀行になると、プライベートな部分でも凄い人を抱えちゃうんでしょうね☆

本当に女同士の職場での人間関係って大変ですよ~!!!

やっぱり同期の中で目立つ人は、局の逆鱗に触れるらしく、自分が局の領域に達するまで苦労しますね~!!

この東京でも、話すと思いやりの有る人は驚くほどイッパイ居て、それとやっぱりマンウォッチングはいろんな人が居る分、楽しいですね♪


私は既得権だけは行使しないようにだけ気を使っています。
やはり、職場は長くなると自分が居座るのが当然になって、自分だけしか考えられない人が作られていくように感じます。

女性が長く働いて煙たがれるのは、我先にと権利を行使し、そして自分より弱いものへ対しての配慮が無くなるからだと思います。

もしも私が今後もこのココロを忘れないで働いたのに嫌われたら、報告しますね☆

ではでは

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/11535722

この記事へのトラックバック一覧です: 女の敵は女?:

« 8/20の晩御飯!!! | トップページ | 最高!!! »