« ご飯の様な仕事 | トップページ | 雨ですね☆ »

2006年9月14日 (木)

世の中何が正しくて何が間違えているのか?

そんなのはリアルタイムにはナカナカ気が付かない。。。

私達の人生はギャンブルとか宝くじに似ていて、例えば競馬に例えてみると勝てるようにイロイロと悩んで考えて結論を出す。

        

         

そして自分の買い目の結果が出て初めて自分がそのレースで勝ち組だったか負け組みだったか解かって、当っちゃうと自分がエスパーだった気がして、どんな考えで購入したのか?

偉そうに話したくなるものである。

         

最近はそういえば勝ち組だとか負け組みだとか、まだまだ私達の人生は棺おけに足を突っ込むまではどんな顛末がやってくるのか解かりもしないのに、たまたま今、小泉構造改革で得をしちゃった人がセレブだとかとち狂った事を言って下品な金遣いを自慢げにテレビで披露なんかしちゃったりしている。

        

そんなにセレブなのならば、例え売名行為でも良いから、自分の稼ぎの数パーセントは福祉とかに寄付すべきだと思っている。

自分だけが儲かればよいとか、成り上がりの醜さを見せ付けられている気がする。

         

で、成り上がりのセレブとは逆に・・・・・最近はニートや引きこもり問題だって有る。

これはyahooからの抜粋なんだけど

 盛岡市内のホテルで10日、「ニート・ひきこもり支援セミナー」が開催され、ひきこもりの子どもを持つ親など50人が参加した。
 NPO法人青少年自立援助センター(東京都福生市)と同青少年自立支援センター「ポランの広場」(盛岡市松尾町)の主催。30年以上ひきこもりの支援をしている自立援助センターの工藤定次理事長とポランの広場の藤田健事務局長が講演した。
 工藤さんは不登校の原因について、いじめ▽学校よりも遊ぶ方が好き▽先生や周りとの人間関係に悩む――などさまざまあるという。「同じ対応をしてもだめ。まずはタイプを判断しないといけない」と話した。
 ひきこもりは病気と見られがちなことにも触れ、「実際に病気の可能性があるのは15~20%程度。残りは支援をすれば2年程度で、自立して社会復帰できる。病気も病院に通えば復帰できる」とこれまでの経験を語った。
 また藤田さんは、県内のひきこもりの現状について説明、「自然が多いこの地域の特性を生かし、第1次産業を若者の就業支援にするべきだ」と訴えた。
 講演後には個別相談会が行われ、親や本人が相談員に相談していた。

で、私が思うには、日本と言う社会は形式どおりというか、幸せのモデル人生年表みたいなものが数種類しか無くって、それに乗っかれなかった人は、労働と収入が見合わない結果になってしまう可能性が高いと思う。

      

モチロン、社会全体を見たときに誰かが社会で必要とされる事を担当しなければ成らなくって、その担当する事=仕事に貴賎は無い。

   

だけれど、貴賎は無い職業でも疲れに対して収入が違ったり、収入が違えば人生設計も違ってきて、さらに最近の政府の方針では格差が固定化してしまうような政策ばっかり進めるから、一度負けたら敗者復活するのが尚更難しくなってしまう・・・

        

私は日本と言う国の企業は、人事という立派な部署が有っても、採用してから使えないからって、自分達の採用責任は置いといてリストラしたりとか、一生懸命考えて自社のブランド力で新卒を採用したのに数年で逃げられたりとか・・・・けっして人事は能力が高いとは思えないのだ!

それが証拠に中途とか、バブル崩壊でガミ喰った世代とかの採用のノウハウが無いでしょ?

         

どんな仕事も本当に貴賎は無い。

そして好きを仕事にしてBIGマネーを得ている人も殆ど居ない。

    

私はニート・引きこもりの方を「居場所」の問題も大きいと思っている。

        

自分の居場所。

それが出来るまで本当に居心地は悪いし、更に心細い。

      

みんなそんな気持ちを経験してベテランになるけれど、赤ちゃんの頃の記憶を忘れるのと似ていて、自分のそんな居場所が出来るまでの居心地の悪かった事を忘れて、居場所作りに苦労する人の気持ちを理解してあげない。

        

本当に自分の居場所を作れるのは自分だけなのだ。

      

そしてその場所が出来上がるまでの時間って個人差も有る。

本当にその場で作れる人も居れば何ヶ月もかかる人も居る。

    

もしもニートで仕事とかでもしてみよう!と思うか方がたまたまココを覗く事が有りましたら・・・・

居場所作りに苦労しても長い人で半年の辛抱なのだ!

   

人生は長い。

いつかは自分で食わなきゃいけない。

半年もすれば絶対に居場所は出来るさ。

それだけは信じて栗

« ご飯の様な仕事 | トップページ | 雨ですね☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ステっ子☆さま

 二度目のチワすっ♪

 同僚達は、お陰様で
 ニートなどに成らずに
 前をみて歩み始めました。

 その節は、大変にお世話に
 なりました。衷心より感謝致します。

  合掌

こんばんわ=========!!!!
       
おぉぉぉぉ!!!!
皆さん☆前を向いて歩き始めたんですね♪
      
私もそうですが、突然のアクシデントが有ると、自分の人生が何も見えなく成っちゃう事って、どうしても有ります☆
  
だけど、そんな時は周りからのちょっとした「生きるヒント」が嬉しかったりしますよね☆
   
100人に1個教えていただくと100のヒントが貰えちゃう☆
  
それで解からないクイズは無いですもん♪
   
  
ホント☆
良かったですね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/11885996

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ご飯の様な仕事 | トップページ | 雨ですね☆ »