« 12/24の晩御飯♪ | トップページ | 減らすしか知らない政府 »

2006年12月25日 (月)

軽いもの・重いもの

ちょっと最近は忙しくって、ブログどころではなかった。

だけれど私のブロク゛を楽しみにしてくださっている方もいらっしゃると思うから、やっぱり書く時間が少しでも取れたのなら、やっぱり皆様の暇つぶしに成りたいとそう思う。

ステっ子☆の隠れ家へようこそ♪これも何かのご縁ですね♪にほんブログ村 OL日記ブログこちらへのクリック投票もよろしくお願いいたします☆

       

昔、雑誌を見ていたら村西トオル監督がシャキーーーンをイパーーーイ抱えているけれど、ハンパ無い金額を抱えると、今度は債務者が心配してくれるとか書いてあったと記憶している。

  

考えられない重い犯罪を犯しても、刑を執行されるまでに三角木馬で拷問をされたなんて話も聞いた事はない。

   

藤田騎手が飲んで一発相手を殴ったら、訴えられて騎乗停止に成ったり・・・

   

いじめを許さないという事は解かるけれど、いじめた相手を今度は処罰する方向に進んでいるみたいだけれど、これがイイ方向に行けばよいけれど、逆に今度は「私はAさんに苛められました」みたいなヘンな方向に進んでいかないかしら???

  

などなど、物事って極端に傾いたときに、それに対する信賞必罰というのかしら?

それが適切に行われていないし、私だってAの時はBみたいに、コイズミのスローガンでは無いけれど、一発ポンみたいな言葉で回りを動かすなんて能力は無い。

   

あるお坊さんの話だけれど、ある悩んだ人が相談に来たときに、相手の立場を考えて、それで相手の為に一つ一つ、一言一言を一生懸命考えて、それで励ましたらしい。

  

そしたら、その相談者さんは自殺をしないで、立ち直った!

   

今度はまた有る時に同じお坊さんの所に、違う方が相談に来た。

この間の人と一緒で、自殺したいくらいの悩みを抱えて、相談に来たらしい。

   

お坊さんは今度は過去のその経験が有ったから、同じような内容で相手を励ました。

     

          

       

だけど。。。

   

   

その人は自殺してしまったらしい・・・・

   

   

何故??

   

   

お坊さんは、前回の経験で、言葉がプチマニュアル化された事。

経験により、経験が相手を心配する気持ちというか共感する気持ちが少なくなり、そんなおごりがどこかに見えてしまったこと。

  

つまり相手の心には届かなかったという事。

   

本当に私達が様々な事で、相手を一人ひとり違うんだと思って、一人ひとりに違う対応をとれる能力=つまり臨機応変な能力が有ったなら、相手に合った判断や、見合うことが出来ると思う。

  

法律で決めるとどこかに線を引いたり、過去の経験で(○人殺せば死刑とか)しか判断できなくなったりする。

   

年齢や性別でカテゴリーを決めるのもやむを得ないといっちゃ得ないけれど、一人一人を自分の目で判断して、そして固有名詞で相手を判断して対応できるように成らないと、イジメも犯罪も無くならない。

   

「最近の○○は」この口癖を無くさなくては!

そう感じる私です♪

   

藤田騎手は確かに飲んで一発相手を殴ったから良くないというのは解かる。

  

だけれど・・・

何年も前だけれど、同棲していた男は馬乗りに成って人の顔面をボコってもアイツはお咎めなしだったし、こんな寒い夜に外に一晩放り出されて、なんとか生き延びたりしたけれど、あいつ曰く「躾」

   

罪や借金って重いのと軽いのとでは、信賞必罰が逆転する気がする今日この頃です。

   

なんだか文章が締まらないけれど・・・ゆるしてチョ

   

頑張って書きました>> にほんブログ村 OL日記ブログへポチッと応援してね☆

« 12/24の晩御飯♪ | トップページ | 減らすしか知らない政府 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/13191546

この記事へのトラックバック一覧です: 軽いもの・重いもの:

« 12/24の晩御飯♪ | トップページ | 減らすしか知らない政府 »