« 世界を制す!JCとJD | トップページ | 神戸フランツ »

2007年11月24日 (土)

働くオンナ!

例えば私は背が小さい。
だからといって、靴履かないで外出なんて出来ないし、帽子を被ったりすることもあれば、グラサンして外出する事もある。
 
背が小さいから、摂らなくて良い栄養なんて無い。

ただ大きさ・量が違うだけだと思っている。
 
最近の私、小さな会社で働いているけれど何でもかんでもとりあえず私になっていた。
 
私が作ったほうが早いから?
それは光栄だけれど、見積は事務員がするものではなくて、現場や商品がわかる者が作るべき事だと思っている。
  
それと全ての仕事において、私に簡単に話をふりすぎる。
私は営業ではないのに、顧客からの電話を私に回してくるってどういうことだろう?
  
それと、社会人としてくだらない事を言ってくる。
 
会社でパスポートの更新手数料出してくれないかな?
とか。
  
私は、サラリーマンの諸経費だと思う。
そんなの認めたら、スーツ代だって、昼食だって、会社が負担しなきゃいけなくならない?
  
海外出張上等の会社で働いているのに、持っていて当然の事を本気なのか冗談なのか?
相槌をうつのもかったるい気持ちになった。
  
自分で調べれば良いものを、私にクイズ口調で聞いてくる。
 
私は予定利益を計算したり、資金繰りをして集中したりしている時に中断をしなければならない。
   
結局、仕事は日中は自分の仕事が出来ず、雑用や営業事務みたいなことがメインとなっていた。
   
そして今週。
  
営業が見積を作って欲しいと私に頼んできた。
  
そしたら、口頭で内容を言い始めた。
確かに私は人が喋る速度でタイプは打てる。
しかしそれはあまりにも人をバカにしていないか?
 
つまり人をアゴで使うということ。
  
更に、人に金額を言ってきておきながら、私は税抜会計脳だから、消費税加えて見積書提出。
  
そしたら、それ税込だよ。
価格表にも載っているよ。
 
もうダメ。
私は例え同僚であっても、仕事の協力は惜しまないが、手取り足取りはしない。
理由は私は、社会人であって、使用人では無い為である。
  
本人に話しても無駄だから、社長に「すみません。仕事の件で御相談があります。」
  
この日は月曜日。
社長はPMに予定が入っている。
話は早くて翌日でしょう。
カンの良い社長であれば、一晩中なんだろうと考えるだろう。
鈍感だったら仕方ない。
  
これがせめてもの私の反抗。
使いやすい社員をコキ使い、うつ病と知りつつもごまかし×2、働かせた私からの罰。
   
私の仕事は中断に中断を重ね、昨年と比較して進行が遅れているものも多い。
  
「あれなんだっけ?」
「これどこだっけ?」
  
頼むから私に話しかけないでもらえないか?
そう思っているのだが、私の心は伝わらない。
  
夫婦は話さなくても解かると嘘を言う人が居る。
かなりの人数と推測している。
  
私は人の口は簡単に嘘を言い、そして肉食動物で有る以上、自分には危害を加えない人に失礼を働く事が多い為、このような状況に成っているのではないか?
と推測している。
  
私だって自分はかわいい。
だけれど、やりたくない・メンドウだを極力心の中に封印し、自分の限界と戦ってきた。
   
火曜日
 
PMやっとボスと話す時間が出来る。
  
ボスには、雑用があまりにも多く、本来の私の仕事ではない部分を押し付けられすぎ、とうとう限界が参りました。
皆様、以前全員で決めた事もきちんと守ってくださらない。
何でも私に聞けば良いと思っている。
また、見積も、口で内容を言ってきたりして、アゴで使われている気になっております。
細かい事ですが、ゴミだって、紙も燃えないごみも缶もごちゃごちゃです。
出したものを片付けてくれないという事は、私に片付けろというふうに感じてしまいます。
入社した時に言われた仕事以外のことも、文句を言わずにやってまいりましたが、もう限界です。
私は、退職する事も視野に入れています。
ただ、その場合は年末調整と法定調書の提出を終わらせてから、立つ鳥後を濁さずに辞めようと思っております。
  
ボスには、対策するから辞めないでほしい事を何度も言われた。
自分が客先に行くたび、電話で私と話したお客様は、誉めてくださる方が多いらしく、当たり前だろと思う自分も居る。

 

何故なら、顧客から掛かってきた電話は全て自分の顧客と考え、用事があるから電話をしてくる。

暇つぶしに掛けてくる人なんて居ない!

 

と、考えて、顧客に自分で出来る最善の方法を案内し、電話を下さった事を感謝する態度を言葉に出す。

 

だって、人は相手の意図としていること、感謝する気持ちは少なくとも話さなければ解からないから。

  

水曜日

 

私は、銀行へ歩きで行った。

会社の資金繰りはクリアしたけれど、預金の移動をしなければならない。

PC振込みで移動できない件であった為、この日は歩いていった。

  

歩いた理由は、疲れたから。

 

この表現は可笑しいものでは有るけれど、私の心が疲れていた。

 

自転車で行けば、身体は楽だけれど、目を楽しませてくれる件を見逃す可能性が有る。

だから徒歩で行った。

  

この間に、社内で私の件で社員達に社長から注意が有ったらしい。

 

これ以後から、単語ではなく文章で私に仕事を頼んでくるようになったから。

 

言葉と言うものは、不思議なもので、短くすれば強さが圧縮される。

 

例えば

「お茶」

「お茶下さい」

  

お茶と言われた瞬間に、私は「お茶」という名前ではないのに、この人はトチ狂った事を言うよな?

と不思議な気持ちになる。

 

私は家から近いから働いているだけなのに、ちょっと社員との温度差を感じ始めていた。

もう一つの理由は私は小遣い稼ぎに働いている。生活がかかっている人とは違うという温度差もある。

 

私の存在に甘えないでほしい。

私には仕事を辞める自由もある。

  

そう決意して、ボスト話したけれど、結果として多少はぎこちないけれど、全く仕事は減らないけれど、社員がマナーを思い出してくれたお陰で、少しは続けられそうと思った。

  

木曜日

 

私は帰宅は最終ではなかったけれど、PM7時を超えていた。

 

「遅くまでご苦労様」

  

そんな言葉が聞こえた。

 

この言葉だけでもう少し頑張れる。

   

言葉のチカラとマナーを忘れて欲しくない。

思い出してもらえて、少し感謝した。

« 世界を制す!JCとJD | トップページ | 神戸フランツ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/17133104

この記事へのトラックバック一覧です: 働くオンナ!:

« 世界を制す!JCとJD | トップページ | 神戸フランツ »