« れっつ♪れす☆ | トップページ | かんぱーい! »

2007年12月17日 (月)

仇討禁止の法律の意味を体感した日

高齢化!日々上昇中~♪

日曜日の出来事。

 

チャリンコに乗って、真昼間に信号待ち!

 

私の前には、人がイパーーイ待っていたので、私は人だかりの後ろの方でチャリに乗ったまんま信号待ち!

 

すると!

 

ガチャーーーーーーーーン!!

 

私の自転車の後ろの反射光が壊された瞬間だった!

 

見たら70overのジイサンが、私のチャリがジャマだからとチャリを杖で叩いたようだが、運悪く、反射光の部分に直撃。

 

ジイサン「こんなところに止まっているから叩いたんだ」

 

私は別に動転もしないで

私「あら?器物破損?」

 

別にジイサンは粋がっているだけで、こんなジイサンを畳んだところで、私の名が落ちるだけ。

 

ジイサンはガタガタ言って、私を杖で叩こうとするから、

 

私「あら?今度は暴力?いいよ。すぐそこ、交番だから、警察に私は被害届けだすから、一緒に行こうよ」

 

ジイサンは、警察なんか怖くないと粋がって、じゃあ行こうという事になった。

 

二人で交番に向う最中、ジイサンはまた杖で私に脅しを掛けてくる。

私は、ジイサンは粋がっているだけで、ただ体が不自由だし、例えば私がココで怒って杖を奪い取って、車道にぶん投げれば気が済む話。

だけれど私は、自分より弱者を苛める気持ちはサラサラ無い。

   

私「おっちゃん、あのね、私だからこんな程度で済むけど、他の人にこんな真似したらダメだよ。」

 

おっちゃん「・・・・」

 

私「私も停めた所が悪かったことは謝る。おっちゃんも、物を壊したことは反省しないの?」

 

もう交番の前だった。

 

おっちゃん「俺も悪かった」

 

はじめから言えばそれでいいのだ。

 

私「おっちゃん!じゃあ、私もおっちゃんが自転車壊したことは許す!だからオッチャンも私を許すでどう?」

 

おっちゃん「そうする」

   

私は、馬券をとっとと買いに行きたいのだ。

警察に行ったら、調書取られたりなんだかんだで足止めを喰らってしまう。

   

私「おっちゃん!じゃあ握手だっ!二度と怒って物を壊すなよ!」

 

私とおっちゃんは、交番の前でこうして握手して離れていった。

   

馬券を買った帰り道。

自転車屋さんに寄って、直してもらった。

   

296円だった。

 

日本も江戸自体とかは仇討が認められていたけれど、現代の法律は仇討は認められていないし、それも不自然だと思っていたこともある。

   

だけれど、昨日私は被害者となって、初めて仇討や仕返しというものは良くないことだと気付いた。

 

つまり、相手よりも高い視線で見てやるのがイチバンイイ!

冷静がイチバンで、許す気持ちも2番ね。

« れっつ♪れす☆ | トップページ | かんぱーい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!

高齢化噺その1
没のオヤジ殿は戦中末期生まれで~とっくに
還暦を迎えております!
近回りは畦道のベンツ・軽トラ4WDで疾駆
しておりますが!
旧町村(合併前)を超えるときは・・・
“没!乗せてけ!”って・・・その方が家族も
安心できるとォ~!
没オヤジ殿の運転免許証も・・・
“天に帰るときが・・・来つつあるのだ!”
年末年始の工事停止期間がきたら・・・
オヤジ殿の運転手で・・・挨拶回りでつ!

高齢化噺その2
数年前、故没爺様の猟友仲間が・・・運転免許
~その他諸々入ったバッグを車中荒らしに!
その中に許可証も入ってたんですな!!
運転免許がないから~没に送ってゆけと!
軽い気持ちで了解し警察署到着後~♪
警察の駐車場で待機(春ウララのお昼寝!)
夕方近くなっても・・・戻ってこない!
中に入ってみると・・・留置場内!?
“あの許可証”を紛失すると・・・留置場内で
事情徴収、お説教を頂戴することになるようで
以後…没も必要の無いときは鍵のかかる所に
保管してます!

高齢化噺その3
さて、今回の年輩者・・・妄想するに~
寂しい方では?・・・きっと寂しい方だ!
年取ると・・・幼児に退行すると・・・
言ってることは違うけど・・・言動の本質は
最近、少ししゃべるようになった子供と一緒!
我が子に~没親父は~きっと・・・になる!
たぶん、おそらく、否!絶対~!!
頑固親父になる!!・・・覚悟してくれェ~♪

ポチッとな♪


こんにちわ~~~~~~~♪

先ずは2つの小話♪

とっても楽しく読ませていただきました★

1件目のお話☆

確かに日本の高齢化は、みんな年をとるスピードは一緒だけれど、年をとっても元気な老人の方々も瞬発力勝負・持久力
きっと衰えてくるんですね。。

知り合いのお子さんも、ご老人運転の左折車
に跳ねられて、治って仕事はしていますが
当時は仕事を辞めたりと大変だったみたいです。

それでも車って便利ですよね。

私は、車よりも最近は、お年寄りの
チャリンコ運転か゛怖いです!

なんかまるで、ガラスが乗っているような
そんな感じで。。。

ぶつからないように、驚かせないように
気を使っています☆

その2の小話☆

免許は免許でも猟の免許は管理が
大変なんですね!!

知りませんでした!!

親戚の無くなったおじさんも熊と戦う
戦士でした。

だけれど、銃は鍵を掛けなきゃいけない
という話は本人から聞きましたが
免許の扱いは、そんなに大変なものだって
知りませんでした!!

それでも、なくされたご本人も、無くすと

すみませーーーん♪

いま、営業が帰ってきたので。いったん
書いたところまで投稿してしまいました。

続きです。

それでも、なくされたご本人も、無くすと
エライメに逢うって、知ったのは、なくして
初めて感じたのかもしれないですよね☆

小話3の件

そうですよね~!

なんか、おじいさんで、乱暴だったし
クチも悪いけれど、幸せで健康な人は
そんなことしないですもんね★

なんか私は見た目がトロイのか?
今年は、老人に2度も因縁つけられました!

二回とも、瞬間にジイサンが思っている
大人しい子でなくてゴメンよ状態でした。

没しゃん☆は話題も豊富ですし、紳士なので
頑固よりも、お話の楽しいおじいさん♪

って感じになるのでは?

って想像しています★

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/17394965

この記事へのトラックバック一覧です: 仇討禁止の法律の意味を体感した日:

« れっつ♪れす☆ | トップページ | かんぱーい! »