« ネオタキオン?! | トップページ | かぼちゃのシフォンケーキ »

2008年7月 7日 (月)

横から見たジャンヌダルク像

人生って本当に棺おけに入るまで、どんな人生を送るのか?

本当に解らない。

あくまでも私の認識だけれどジャンヌダルクは戦争でスターになった。

だけれど光が当たれば必ず影が出来るように彼女には光が当たりすぎて、嫉妬や羨望で当時は本気で信じられていた魔女の存在で魔女裁判にかけられて生きながら火あぶりの刑となった。

人はシダのように日陰で目立たずに生きればよいのかな?

例え苦しくても光と影を浴びながら生きた方がよいのかな?

私にはシダのような生活は選べない。。。

↓毎度ありがとうございます↓  

happy01ランキングheart04参加中】shine正社員OLflair【応援してねheart02

« ネオタキオン?! | トップページ | かぼちゃのシフォンケーキ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行・地域>海外>フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/41762807

この記事へのトラックバック一覧です: 横から見たジャンヌダルク像:

« ネオタキオン?! | トップページ | かぼちゃのシフォンケーキ »