« これは・・・鉄板? | トップページ | 【その10】ルーブル美術館【ラファエロだった希ガス】 »

2008年7月14日 (月)

【その9】ルーブル美術館【昔の絵など】

彫刻もところどころに有って、西洋には昔からカッコイイ男が居たんだなということが解かりMANGE!

 

*この記事もきっと続きを開くと重いです。

心してあけてくださいね☆

昔の絵は宗教がとかが多かったのかな?

 

お茶漬けのりについていた広重とかのカードは風景の版画が多かったようなイメージでお寺に行くと確かに日本も宗教画とか多いと思うけれど比率はどうなんでしょうね☆

 

 

 

この絵が描かれた時代はまだまだ遠近法は微妙な時期のようです。

中央のマリア様が抱いているイエス様も小さいだけで大人の顔をしています。

 

絵のテクニックは昔からあったのではなくて発明されたり発見されて現在の様になったんだと感じる1枚ですよね☆

 

人間凧揚げでしょうか?

不思議な作品に感じました。

 

 

↓毎度ありがとうございます↓  

happy01ランキングheart04参加中】shine正社員OLflair【応援してねheart02

« これは・・・鉄板? | トップページ | 【その10】ルーブル美術館【ラファエロだった希ガス】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行・地域>海外>フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/41770776

この記事へのトラックバック一覧です: 【その9】ルーブル美術館【昔の絵など】:

« これは・・・鉄板? | トップページ | 【その10】ルーブル美術館【ラファエロだった希ガス】 »