« お返し | トップページ | なんで2つの事件だけで共通点を見出そうとするのだろうか? »

2008年7月24日 (木)

【お城めぐり】2軒目【その6】

2件目のお城は面白いと言っちゃ面白いお城だった。

何故なら・・・・

現在も子孫が住んでいる城だったから。

一般公開を1Fなどでしていて自分達は2階とかに住んで出入り口はヒミツとのことだった。

308 先ずは外観。

お城はどれもこれも似たつくりになっていますね。

309 310_2

で、これから中に入るわけだけれどこのお城は女王様のお城だったかで、造りは比較的こじんまりとしていました。

日本の大奥とかみたいな争いごとって無かったのかな?

ただ、どのガイドさんか忘れたけれど本妻は親が政略の為に恋心ナッシングで決められて、愛人は愛が有って成立する。ただ王様が亡くなると修道女になったりと人生を均せば良いものなのか?悪いものなのか?私には解からない。

ただもしも私がそのころの愛人の立場だったら、修道女はちょっと無理。

夜更かしできないから。

311何でこんな画像を残したのか覚えていないけれど、床のタイルが気に成ったからかも知れない?!

312 ステンドグラスがとてもキレイでした。

ステンドグラスってガラスに色を塗るのではなくて、ガラスに鉱物を混ぜて造るので膨張率とかマンドくさいのだそうです。

やっぱり何年かに一回はゆがみの修繕が必要になるとか。

ステンドグラスのあるこの場所はお祈りの場所でした。

315

ただ子供をフィギュアみたいに小さくした絵が飾られてありました。

だけれどこれが当時の普通だったんでしょうね。313

« お返し | トップページ | なんで2つの事件だけで共通点を見出そうとするのだろうか? »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行・地域>海外>フランス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135440/41931210

この記事へのトラックバック一覧です: 【お城めぐり】2軒目【その6】:

« お返し | トップページ | なんで2つの事件だけで共通点を見出そうとするのだろうか? »